O-juku

「試験前に緊張しない方法」を調べるな!!

はじめにそこのあなた…

試験中に緊張しちゃう…そうだ検索だ!!

「試験前 緊張」なんて調べていませんか?

ちょっと待ってください!!

私に出会えてラッキーです

この記事を読めば、ほんとにテストの成績が上がります

テスト中に緊張しない方法を実践してはいけない

世の中には、試験中に緊張しない方法、集中する方法、要するに成績を発揮するやり方ってのがたくさん出回っています

やってみたときと、やらなかったときにどんな違いがあるのでしょう?

女子学生がペンを持ちながらどこかをみている

無駄なテスト前対策

例を見て、そのあとちょっと解説しますね〜

テスト直前の例

さあ、試験がはじまろうとしています

おっと、一番前の積のKくんが、深呼吸をはじめました

塾で、「3秒吸って2秒止めて10秒ゆっくり息を出す方法」を教わったそうです

真剣な表情ですね…

目線で答案用紙を突き刺すかのようです…

さらに、なんと昨日は21:00に寝たそうです!!

やってやるぞ!! という心の声が今にも聞こえてきそうです

あれ?

まってください

変な緊張感生まれてません?

様々な対策をすることによる緊張

実はさっきのは私の実体験です笑

試験前のいろんな対策をすることで、とってもやる気が出ます

絶対いい点数をとってやる!! って思うことは悪いことではありませんが、、

その緊張感マイナスになってません? ってことです

要するに、試験前でただでさえ緊張してるのに、余計なプレッシャー加わってるんじゃないか…?ということなのです

(たぶん、まだ納得されていないと思うので、さらに深く掘り下げます笑)

やる気があっても点数は変わらない

うおーーーと力をみなぎらしても実は点数は伸びません

むしろ、それによって生まれる「無意識の緊張感」つまり、いい成績をとらないと!! っていうプレッシャーが、あなたの脳を通常より弱くします

いや、だから、そのために気楽に受ける方法、集中維持する方法があるんじゃないか、って思われた方はもっともです

じゃあ、なにもしなかったらどうなるのでしょう

対策を捨てた場合

次は、試験前になにもしない場合のお話です

なぜか成績が上がった

高校の時、何度も模試を受けていますが、ひとつだけやばいことがありました

試験日に寝坊して、めちゃくちゃ走って汗だくのままテストに臨んだときです笑

間に合うか間に合わないかのギリギリに到着したのです

まあ、いつもみたいに集中方法をするきにもなれず、てきとーに受けました

ところが!!

その模試の成績が、自分の高校生時代の模試で一番良かったのです!!

(京大模試で唯一B判定をもらえたとき)

試験も受かった

高校のときは、京大に落ちたのですが、、

その時はやっぱり「いままでで一番」試験で実力が発揮できる方法を実行しました

いろんな方法をネットで調べて、これはいける!! と思ったが最後、重い不合格通知のお知らせがやってきたのです

しかも、合格最低点−40点というなかなか低めの点数でした

浪人してからは、そういうやり方が馬鹿らしくなり、本番の試験で対策も何もしませんでした

そもそも3日前まで、オリンピックめっちゃ見てました笑

試験直前はTwitterとLINE、試験中はだらーっとした姿勢でテストを受けてましたね

そしたら、なんと合格最低点+100点で受かったのです

緊張したら負け

ここからが大事です!!

メモの用意はいいですか?

まあ分かっていると思いますが、もちろん、ぼけーっとテスト受けたら合格するよ!! って話ではありません笑

基本的に、試験中は意識しないうちに緊張してしまっているので、みんなが実力の半分くらいしか出せていません(ほんとに)

通常とは異なる状態になってしまっているのです

じゃあどうすればいいのか?

ほんとの力を引き出すには?

だらーっとすればよいのです!!!!

真の解決法

もうおわかりでしょうか?

これでテストに強く慣れます

いつも通りなにもしない

繰り返しになりますが、テストを受けている間というのは意識の外でプレッシャーが発生していて真の実力を隠してしまっています

じゃあ通常どおりの力をだすには…?

普通はしないことをしない!!

いつもと同じように振る舞う!!

これだけなのです

机にうつ伏せになっている女性の学生

本番でいつもよりも力がでるのは漫画だけということを理解する

アニメや漫画の世界だと、本番中に主人公がめっちゃ強くなります

そっちのほうがおもしろいし、私も好きです

でも、コレを現実に当てはめてはいけません

試験は、自分のもっている成績以上が発揮されることはないのです

(ずっとEだったのに受かった!! という話は、直前の勉強の努力と、問題との相性がよいだけなのです)

テストをテストと思わない

唯一できることはずばりこれです

入試はただの模試!!

模試はただの問題集!!

そう考えると、「だるー」「やりたくねー」って感情が出てきて、やる気も低下すると思います

それでOKです(私も受かった入試ではそうでした笑)

だって、それが「いつもどおり」でしょ!!

まとめ

なかなか、受け入れがたい…って方もいるかもしれませんね

ただ、いろんな方法を試した結果、この考えにたどり着いてしまったのです

一度、お試ししてはどうでしょうか?(遅刻もありですよ笑)

ご質問も上のメニューから受け付けているのでどしどしくださいね!!