記事の前に...すいません。ちょっとだけ紹介させて下さい...!

自宅で、「論文に基づく科学的に証明された勉強法」を手軽に習得してみませんか?

実は、学校で教わる勉強法のほとんどが効率の悪いものばかで、本当の勉強法だけをまとめました

科学的に認められた勉強法をチェックする


はじめに
どうも、独学京大生・O-juku塾長の木谷です。

複数の科目をバランス良く勉強したほうが良さそう?でも、一点集中で一つの科目を伸ばしたい?

今回は、バランス勉強か一点集中での勉強どちらがいいのかをお伝えします!

高校生は一点集中勉強、中学生はバランス勉強

さて、高校生なら一点集中勉強をしてみいいですが、中学生はバランス良く複数科目を勉強したほうが良いでしょう。

ただ、例外もあります! どちらをするべきなのか詳しく見ていきましょう。

志望校の配点を基準にする

みなさんは行きたい高校・中学校は決まっていますか?

漠然とでも良いので志望校が決まっていたら、ぜひ教科ごとの配点をチェックして下さい。

ほとんどの高校では配点は均等だと思います。一方で、大学受験だと教科によって配点が大きく異なる場合があります。

当然配点に応じて勉強量も変えるべきなのです!

また、合格者と不合格者の教科別の平均点が出ていることもあるのでチェックして下さい。 合格者と不合格者の間で大きく乖離がある科目は特に重要なので、一点集中で勉強すべきです。

一般的に、高校受験は配点がどの科目も同じ、一方で大学受験は科目によって配点が数倍違ったりします。 なので、「高校生は一点集中、中学生はバランス勉強をせよ」というわけです。

苦手科目で判断する(例外)

ただ、中学生でも、高校生でも、苦手な科目がある場合は別です。

得意科目をもっと伸ばすより、得意でない科目を伸ばしたほうが圧倒的に全体の点数は上がります。

(ただし、苦手科目の配点が少ない場合は、苦手な科目にそれほど力を入れる必要はないでしょう)

「いつも苦手な数学が足を引っ張っているんだよな…」って方は、一度数学に完全シフトして勉強してみましょう!

ウェイト戦略 〜 「受験1ヶ月前なら何をするか?」

受験は効率よく勉強して成績を伸ばすことによって合格へと近づきますが、一方で多くの人は「戦略」を見落としがちです。

なんとなく勉強するのではなく、自分がどう勉強したら合格に近づくかを把握している必要があります。

そこでどの科目に重きを置くかという「ウェイト戦略」についてちょっとご紹介します

一つ、何にウェイトを置くかの判断しやすい思考法があるのでご紹介します!

「受験1ヶ月前なら何をするか」を考えてみて下さい。

今、急に、タイムスリップして、受験の1ヶ月前に飛んでしまったとしましょう。 めちゃくちゃあせりますよね?

のんきなことは言ってられないので、きっと超合格にダイレクトに繋がる本質的な部分の勉強をはじめるでしょう

そういう受験直前の状況を想定してみてください!

自分が何をすべきかが見えてくるはずです!

まとめ 〜 一番効率的に勉強すれば合格できる

では最後にまとめますね

ウェイトを置くべき科目はこのように選んで下さい!

  1. 志望校の配点が大きい科目
  2. 苦手な科目

また、それでもなかなかイメージがつかない人は「受験1ヶ月前なら何を勉強するか?」を想像してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です